家づくり実例集 永野邸

好きな居場所があちこちにある家

鹿児島市 星ヶ峯・永野邸

敷地の傾斜を生かしたスキップフロアの家。住まいの真ん中には薪ストーブ。視線や動線に変化を与えてくれるフロアの「段」と、あたたかみを大切にした暮らしの「暖」。「段」と「暖」の心地良さを考えた「こだんの家」として、2013年のショーホームとさせていただいた住まいです。スキップフロアを生かして、いろんな居心地の良さがあちこちにあるプランとしています。

一段上がった畳リビングから眺めるダイニング。




雨戸、木製サッシ、障子戸を全開にできる開口部。

ベガ工房オリジナルデザインのベンチ、テーブル。


和室には来客用の布団二組を収納。


「原風景」をテーマにした庭の木々。

寝室からリビングの外部につながるテラス。


あたたかく帰宅を迎える玄関アプローチ。

アフターがしっかり、安心して暮らせます

鹿児島市・永野さん

2013年のショーホームとなった「こだんの家」こと永野さんのお宅。完成してから1年後の入居となり、住み始めて間もなく1年。住みやすさと子供の成長を考えてつくった家の住み心地について話を聞かせてもらいました。

ベガハウスに決めたきっかけは?

永野さん「当時のショーホームだった『胡座の家』を見て決めました。他の会社のモデルハウスも見たのですが、豪華すぎてわが家にとってはウソみたいと感じて、その点でベガハウスはリアルでした。こぢんまりとしているようで、広く感じるのがぴんときました。その後、ほかの実例物件も見させてもらいましたが、どの家もレベルが高いと思いました」

どんな家を建てたいと考えましたか?

永野さん「子供が自分の部屋にとじこもらないように、オープンな間取りがいいと考えました。そうしたら、スキップフロアのプランで2階の子供部屋。これがすごく良かったです。1階と中2階でお互いの様子はうかがうことができて、子供部屋はどんなに散らかっても1階のリビングには侵食してこないのがすごくいいです」

住みやすさはいかがですか。

永野さん「キッチンとダイニング、一段上がった畳のリビングのつながりがすごくいいです。キッチン周りでいろいろなことが全部できる。子供のようすも、書斎にいる主人のようすもわかって、ここだけで家事がストレス無くこなせる。私の場所って感じがして住みやすいです」

大きな空間の暑さ寒さはどうですか?

永野さん「2月に住み始めて寒い時期だったのですが、子供がまだ小さいので今年は薪ストーブを使いませんでした。でも、とっても暖かかった。だから、夏は暑いのかと思っていたのですがいたのですが、夏は夏で涼しくて快適。断熱がしっかりしていて、日射し、日除け、風通しがうまくできているんですね」

不満や気になることはありませんか?

永野さん「ちょっとしたことはあったと思いますが、何だったかな。あっても、ひと言連絡するとすぐに対応してくれるから、問題なしです。アフターがすごくしっかりしています。8カ月目の『ベガイク』はこれからなんだけど、定期訪問以外でたくさんやりとりしているから不満を持っているひまがないんですね」